スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

直前チェック活用法!!!(六法編)

寝る時間をけずってまで何かにハマったことある? ブログネタ:寝る時間をけずってまで何かにハマったことある? 参加中
本文はここから



おはようございます。

世間はお盆休みですね。

土曜日の朝のように人が少なかったです。


さて,直前チェック活用法ですが,前回書いた通り,直前チェックを使用する際(直前チェックではなくても過去問をやるときもそうですが),必ず必要なもの…六法です。判例付のものがいいです。

私は有斐閣の判例六法をしようしておりました(今でも使用してます)。


直前チェックは基本的に,六法の条文順に一問一答問題が並んでいます。

この際,必ず条文はあたっていくようにしましょう。当たり前でしょ。と言われるかもしれませんが,なかには六法を使用していない受験生(合格者では知りません)もいらっしゃいます。

それはそれでその人のやり方・考え方なので否定はしませんし,私のやり方を押し付けたいとも思いませんのでご自由にしてください。ここでは,あくまでも私が受験生時代にやっていたことを書いていきます。


条文をあたる際に,誰がなにをするとどういう法律効果が生じるのか,ということを意識していました。何十回も回すことになるので,いい加減飽き飽きしてきますがそこは我慢(笑)。

『誰が』の部分。当たり前のように意識せずに読んでいると,実際肢で問われた時,「あれ??誰が主体だったっけ?」ってことになりかねません。考えればわかることなんですが,本試験の会場で考えているようではちょっと合格は難しいでしょう。(ex.留置権者の有益費償還請求で,誰の選択で償還させることができるか等)

条文だけでなく判例もしっかりチェックしていきます。

最新凡例もチェックしたいところですが,本試験で出題される最新は(だいたい)2~3年前の判例が最新のようです。なので,例えば平成24年受験では,平成21年・平成22年あたりの判例は必ずチェックしておく必要があるでしょう。

判例だけ覚えても仕方ありませんが,答練や模試を受講されるのであれば,その場で理解できているかできていないかの確認ができますし,解説も細かく掲載されているので,最新判例はこれでバッチリ押えることができます。


商法については,全部あたる必要はないと思います。特に組織再編のところは読んでいると頭が混乱する(私の場合ですが。。。)ので,部分部分読むようにしていました。


こんな感じで六法を活用して直前チェックを進めていくとかなり知識を定着させることができます。

ちなみに,民法の相続・親族については直前チェックは使用せず,六法と過去問を使用しました。合格ゾーンは書き込めるスペースが多いので,必要な知識は過去問に集約させていました。


最後に,六法は毎年買い替えるので,前年のものは切り取り用として使用していました。


ではまたパー
関連記事
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
まあ…
酒大好き人間です☆
人と話すのも好きです。

ブログには仕事関係の記事はあまり書かないと思います。
私の仕事関係のことを知りたい方はこちらへどうぞ。

性別:男(37歳のおっさんです)
家族:嫁様・娘2人の4人家族です。家族大好き。
趣味:スノーボード・サーフィン・お酒を飲むこと・ブログの更新
特技:・・・・・

皆さん,よろしく~

最新記事
最新コメント
ランキング
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ライフ
6434位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
226位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。