スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

司法書士試験記述式対策⑥

 さて、昨日は中途半端になってしまいました。

 復習の方法ですが、答練や模試を題材にしましたが、市販の問題集を使用する場合もまったく同じです。時間を決めて問題を解いてあっているか間違っているかの解答をみるのでは(私のようにw)同じミスを何回もやらかします。昨年はどうしていたのかというと、答練や模試が終わった後にすぐにマックや喫茶店、自習室が使えれば自習室に寄って、まず、問題を再度さらっと解きなおします。それから自分が構成した答案構成用紙に誤りがないかをチェックしていきます。復習の段階なので時間は気にせずに念入りにチェックをします。どうしてこういう結論に至ったのか?という点を基本書や六法を使用して確認し、自分なりの理由づけをメモに残しておきます。解答はまだ見てはいけません。気になる気持ちを抑えながら解説から読んでいきます。論点ごとに自分が理由づけしたメモと一致しているか、一致しない場合どこで間違えたのかを確認しながら丹念に読んでいきます。これは不動産登記に限らず商業登記も全く同じです。商業登記の場合は時系列にしっかりと答案構成用紙に記入している(字は汚いですがw)のでどこで間違えたのか一発でわかります。平成22年に退任しているのに構成用紙には平成21年と書いてしまっていたり・・・(崩壊しますw)。そのミスを間違いノートに転記します。消極事項を見抜けなかった場合はどうして見抜けなかったのかをしっかり分析します。

 不思議なもので、しっかりとした答案構成ができるようになると、くだらないミスが減るばかりか消極事項もしっかり見抜けるようになります。

 最後に解答を確認して1回目の復習は終了となります。2回目の復習はけっこう問題を忘れていることが多いのでまた新たな気持ちで取り組むことができます。

 そうそう、どうしてこんな記事を書いているのか。択一足切りクリアしたらその年にどうしても合格してほしいからです。私のように2年も記述足切りなんて本当にどうにもならないような気分になりますのでw

 客が来ました。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

コメント

No title

ちょうど私も山村メソッドを取り入れようとしはじめているところです

実は私はまだ、記述式を実戦の場で解いた経験がありません
雛形をコツコツ覚えるとか、記述式についての山村先生の答案構成力実践編という日経新聞社の本を読むくらいしか、まだやってません
不動産登記法については、枠組みを外す危険が大きいですから、その防止のために、あの本のメソッドを100パーセント踏襲.実践して問題をとくつもりです
しかし、商業登記の記述式についてはむしろ時間切れが強く懸念されるところで、不動産登記と同じくあの本のメソッドに忠実に乗っかって解いても時間的に大丈夫なのか、迷ってます
まらや氏という有名なブロガーの方がおっしゃるには、商業登記についてまでそれをやっている暇はないでしょう、そもそも不動産登記みたいに丁寧に答案構成している暇はないはずです(それでも枠組みを外すことはないでしょう)とのことでした
大会社か、公開会社か、取締役会設置会社かという6つの類型を意識して、いつからいつまでがその6つのなかのどれにあたるのかを構成用紙に明確に書くことは最低限、厳守し、あと、その時系列と関連づけて役員任期のお決まりの棒グラフを必ず書くこと・・・・・・・・・これだけは絶対必要だろうと思います
でも、山村先生の著書のように、(不動産登記と同様に)、それら以外の全ての問題文の情報を答案構成用紙にいったん落とし込むというだけの時間はほんとにあるのでしょうか(択一式を解く時間にしわ寄せが来ないでしょうか???)
答案用紙に書くのと同じことを二度書く感じになります 10分か15分は損しそうです
択一を解くのが人並みはずれて高速を誇るひとならば平気でしょうが、私は午後の部の択一がまだまだだと思っています(現時点で)ので、山村メソッドだと本番での時間切れが心配なんです
まあ、来月あたりから早めに答案練習会に参加してみます

追記ですが、みるみるわかる商業登記という山本先生の本を使ってます
だれも使ってないみたいですが、僕は大変気に入ってます
実戦に対応できそうです
商業登記記述式はこの本を軸足のデータベースとしつつ、オートマシリーズで最小限(たとえば印鑑証明)の補強をするというスタンスで平気ですよね・・・?

Re: Re: No title

こんにちは!

人それぞれやり方があると思いますので、どれがいい!というのは言えません。

ただ、一つ。商業登記法で答案構成をしっかりやらないのは危険です。
何度も書きましたが、私は2年連続で商業登記記述一桁でそれによって足切りにかかりました。
『しっかりと』答案構成をしなかったため、頭が混乱してしまい、余計に時間がかかり、地雷を踏みまくったことが原因です。

たとえば、昨年の本試験のような形式の問題であれば答案構成はそれほど重要ではないかもしれません。
ただ、役員変更、募集株式等が絡み合って2連件の問題では絶対に必要です。
確かに答案構成する時間はかかります。時間はかかりますが、正確に得点できます。
商業登記は『正確性』が命だと思っています。
とにかく『書いておけば点数をもらえる』というものではありません。
しかも、減点もかなり大きな減点がされる部分もあると思います。
不動産登記のように0.5点で減点されていくというような生易しいものではありません。

まずはしっかりとした答案構成をして、どのくらい時間がかかるのかをしっかり把握してみてください。
把握した上で答案構成のうち削れる部分、構成しなくても『絶対』間違えない箇所を省いていき時間を短縮するようにしてみてください。

繰り返しになりますが、商業登記において答案構成を初めから省略するやり方は自分の20年、21年の時の失敗を繰り返すことになりかねないので、それだけはやめた方がいいと思います。答案構成して時間切れで不合格の結果であれば、答案構成しないで時間内で書き終えたとしても減点されすぎて結果として不合格になると思います。初めは時間がかかりますが、慣れてくれば時間内で十分正確に解答できるようになります。心配なさらずに今の時期は『正確性』に重点を置いた勉強に徹してください。時間短縮については、正確に書くことができるようになってから考えた方がいいと思いますよ。

使用教材に関しては、第三者がどう思うかではなくて、炎さんご自身が使いやすいとおもった教材がベストだと思います。

頑張ってください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おはようございます。

いえいえ、とんでもありません。

本番は・・・・そうですね。。
総合点クリアして記述で足切りなんて自分は経験しないだろう・・・
なんて思っていたら、嫌ってほど経験させられました。
逆に、択一・記述ともに足切りクリアして総合点で数点足りずに涙をのむ方もいらっしゃいます。

そうならないために、毎日の勉強を一歩一歩確実にこなしていってください。

No title

初めてコメントさせていただきます。
参考にさせていただきます。
下記、ご都合の良い時に回答いただけると、嬉しいです。

過去問の昭和の問題について、今講義を受けている講師は民法についてはやらなくてもいいと言っておりましたが、ぱすたさんはどう考えますか?

お願いします。

Re: No title

初めまして、こんにちは!

コメントありがとうございます。

さて、ご質問の件ですが、その講師の方がどんな根拠で昭和の問題はやらなくていいといっているのかわかりませんが、私個人的には絶対にやるべきだと思いますよ。

手元に過去問がないので具体的にご説明できないのですが、確かに傾向としては当然変化しています。ただ、傾向を捉えた勉強って本当にあるんでしょうか?
特に民法に関しては傾向どうこうというよりもむしろその条文の制度趣旨はなんなのか?ということがわからなければ本試験で高得点をあげることは難しいと思います。
制度趣旨はなんなのか?という勉強をする際に本試験で出題された問題をやらなくていいというのはちょっとどうかと思いますよ。
昭和の問題は確かに単発の知識を問う問題もありますが、考えなければならない問題もなかにはあります。以後出題されることはないからやらなくていいという考えではなくて、出題される可能性がなくても考えることで力をつけていく勉強が必要だと思います。そういう点では予備校の答練などに比べると本試験に出題された問題の方がずっと考える問題が出題されています。会社法のように法律が変わってしまった科目については昭和時代はやっても無駄かもしれませんが、民法は絶対にやらなければならない科目だと思いますよ!

じゅんさんの受講されている講師の方はもしかしたら

『(『どうしても』時間がなくて過去問にまで手が回らないのであれば)昭和の問題はとかなくても仕方ないでしょう』

そんなニュアンスで発言されたんじゃないですかね?

もし、周囲の受講生がその言葉を信じて昭和の問題をやっていないようであれば、進んでやってみましょう!
それだけでずいぶん差をつけられると思いますよ!

頑張ってください。

もし、他にもなにかあれば気軽にコメントくださいね☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
まあ…
酒大好き人間です☆
人と話すのも好きです。

ブログには仕事関係の記事はあまり書かないと思います。
私の仕事関係のことを知りたい方はこちらへどうぞ。

性別:男(37歳のおっさんです)
家族:嫁様・娘2人の4人家族です。家族大好き。
趣味:スノーボード・サーフィン・お酒を飲むこと・ブログの更新
特技:・・・・・

皆さん,よろしく~

最新記事
最新コメント
ランキング
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ライフ
4910位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
178位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。