スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

司法書士試験民法対策②

 昨日は民法をどんな感じで勉強してきたかという視点で書きました。昨年まで日々の勉強は昨日書いた通りなのですが、答練や模試の受講する際に少し意識が変わってきました。4年目、5年目は早稲田セミナー。昨年は辰巳法律研究所の答練を受講しました。初めて答練を受講した4年目そして5年目は振り返ってみると、すべての肢をしっかり復習して直前チェックに記載されていない知識を補充することがメインだったように感じます。それに加えて既存の知識(過去問を変形させた肢や直前チェックに掲載されている知識)の定着度の確認にもなりました。順位や氏名が出るので日々の勉強のモチベーションはとても上がりました。6年目は毎週横浜の辰巳に受講しに行ったのですが(それまでは通信がメインでした)、すべての肢をしっかり検討するということよりもどんなところで自分が迷うのか?迷った時にいかに正答にたどり着けるか?ということを4,5年目以上に意識して取り組むようにしました。復習もそれまでは下手をするとまる一日かかっていたこともあったのですが、サクサクとその日のうちに終わらせて、以前書いたようにどうしても気になる問題はばらしてファイリングノートにはさみ、それ以外の問題については以降見直すことはしませんでした。

 民法の話からかなりそれますが、答練を受講するかどうかは人それぞれだと思います。金銭的に厳しいという方もいらっしゃると思いますし、答練以外の講座を受講しているので、とても答練まで手が回らないという方もいらっしゃると思います。合格者の方の話を聞くと、答練を受けていたという方は確かに多いのですが、うけなかったという方もいらっしゃるので、受講した方が良いか悪いかということは一概には言えません。

 答練を受講すると、過去問とは違った形式・違った角度で出題されることが多々あります。この時、過去問や直前チェックで得た知識を応用できればその知識については問題ない、という判断をしていました。逆に過去問の反復をしているときも、『この知識をどのように応用するか?』ということも考えて勉強するようになったので、私の場合は答練を受講することで民法の過去問知識を盤石なものとすることができました。答練を受講しているとまれに『なんじゃこりゃ?w』という問題も出題されることがありますが、そういう問題は適当に流しましょうw問題にケチつけていても仕方がないのでw(といいながら、受験生の時はぶつくさ文句言ってましたw)

 なんだか民法対策というより答練についての記事になってしまいました。ついでに私が利用した答練は上述した通りですが、模試は早稲田セミナー、辰巳、伊藤塾を受けました。難易度はどの模試も同じくらいで、本試験レベルといったところでしょうか。私にとって本試験直前期の模試は本試験での緊張をほぐしてくれるとてもいい機会でした。早稲田セミナーの第1回模試はもうそろそろじゃないでしょうか?確か第1回模試は午前午後ともに30問以上取るのがすごく難しかったような気がします。ちなみに、早稲田模試2回の記述。たまに本試験ドンピシャの問題が出題されるので、本試験前も2回模試だけは目を通すようにしてました。あ、誤った問題の正答率はかなり意識していました。憲法などは正答率70%以上の問題もふつーにボロボロ落としてましたwなんでこの問題で受講者の大半が正答するのか?という疑問が毎回浮かびましたが、謎はとかれることなく現在に至ります。だから本試験でも1問しか正答できなかったんですねw
関連記事
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
まあ…
酒大好き人間です☆
人と話すのも好きです。

ブログには仕事関係の記事はあまり書かないと思います。
私の仕事関係のことを知りたい方はこちらへどうぞ。

性別:男(37歳のおっさんです)
家族:嫁様・娘2人の4人家族です。家族大好き。
趣味:スノーボード・サーフィン・お酒を飲むこと・ブログの更新
特技:・・・・・

皆さん,よろしく~

最新記事
最新コメント
ランキング
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ライフ
2539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
93位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。