スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

司法書士試験不動産登記法対策

 不動産登記法択一、こちらの方は得意とされている方が比較的多いようです。私が使用した教材はデュープロセス、直前チェック、過去問(合格ゾーン)でした。デュープロセスは年内に3回ほど読み込み、ほとんどが直前チェックと過去問を並行して勉強を進めるといったやり方をしておりました。おおよそ3週間~4週間ですべてを回し、単元ごとに過去問を解いたら直前チェックをやるという手順でやってました。直前チェックには答練や模試で重要そうだと感じた知識を書き込んだり、縮小コピーして貼り付けたりして直前チェックのみに集約をしておりました。本試験で総論部分から出題されて知らない・見たことがないということがないように不動産登記法については答練・模試の知識は若干細かいと思われる知識もしっかりと直前チェックに書き写して、何が問われても5肢のうち3肢の判別はつけられるようにしておきました。

 上記の方法でH20年~H22年まで答練、模試、本試験で、不動産登記法の択一で1問落とすか落とさないかというレベルまで持っていくことができました。私の場合、直前チェックに自分が得た知識のすべてを集約していたので、いかに早く1冊を回せるか?というのが知識の定着を強固なものにするポイントでした。民法に比べると制度趣旨というよりはいかに覚えているか?というのが重要な科目だと思いますし、ある程度知識量が増えてくると、自然に趣旨が理解できるようになってきたので、答練などでみたことのないような推論問題が出題されてもそれほど迷うことなく正答を導くことができていました。知識問題は知っているか知らないか?というとこですので、『本試験じゃなくてよかった~』ということで直前チェックに知識を補充するようにしていました。

 本試験3ヶ月前くらいには、直前チェック整理をおこないました。不要な知識、同じ知識をダブってコピーして貼り付けたものを取り除き回転速度を速められるようにしました。本試験1ヵ月半前の回しでは曖昧な個所、よく忘れてしまう知識にマーカーを引いて直前期1週間はそこだけ見ればいいようにしておりました。どの教科もそうでしたが、基本的にテキストにチェックを入れる時はシャープペンで行っており、マーカーを使用するのは直前期のみと決めてました。

 
 ・・・・・・


 いろいろ書きましたが、不動産登記法については得意にしている方が多いと思うので、不要な記事だったかもしれませんね、、、、

 失礼しました。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
まあ…
酒大好き人間です☆
人と話すのも好きです。

ブログには仕事関係の記事はあまり書かないと思います。
私の仕事関係のことを知りたい方はこちらへどうぞ。

性別:男(37歳のおっさんです)
家族:嫁様・娘2人の4人家族です。家族大好き。
趣味:スノーボード・サーフィン・お酒を飲むこと・ブログの更新
特技:・・・・・

皆さん,よろしく~

最新記事
最新コメント
ランキング
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ライフ
2539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
93位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。